スキンケアにかかる費用と時間、思い切って節約しよう

すべての女性が悩むスキンケア。悩みの内容は人それぞれです。しかし多くの女性が口に出さないものの、心に秘めている最大の悩みのひとつが「スキンケアにかかる費用と時間」。化粧水をはじめ、乳液、美容液、果てはメイクをしている時のケアも気になる時代です。

高価な商品が良いものであるということは否定しません。実際に肌に合えば見違えるような効果を発揮してくれるケアアイテムがほとんどです。しかし、誰もが望み通りに高価なケアアイテムを思う存分使えるわけではありません。せっかく手に入れてももったいないからと言って、少ない量で使っていては十分な効果が期待できません。

スキンケアに必要なのは「充分に量を使うこと」。収入が高い人であれば高価なケアアイテムを充分に使うことができますが、誰もがそうではありませんよね。憧れの化粧水、クリームを夢見る人も多いのが現実です。マッサージやスチームケアも、仕事や家事で疲れた後にするのは大変だし、時間もかかるし……。

このブログでは高価なケアアイテム(※どーしても高価なケアアイテムが欲しい方はフクホーでお金を借りて購入しましょう!)より、身近なドラッグストアなどで手に入るリーズナブルなアイテムで最大限のスキンケア効果を期待できる方法を紹介します。しかも時間もかかりません。できるだけお金や時間をかけずに美肌を求めたいという方にはぜひ注目して頂きたい方法です。

無理をしないで綺麗な肌になれる!美肌って気持ちいい!

どの方法も私が実際に実行し、現在も継続しています。自信を持ってオススメできるスキンケアです。私は成人してからアトピーを発症し、顔が崩れているように見えてしまうほどに肌が荒れました。マスクで顔半分を覆わなければ外出できなかったほどです。大げさでなく、毎日死にたいと考えるほどのストレスでした。

有名で高価なケアアイテムも、アトピーのせいで肌に合わないものがほとんどで、合ったとしても収入との兼ね合いがつかず、諦めざるを得ないということを繰り返していました。でもある日、「何をつけても一緒なら何でもいいや」と半ばヤケになって手元にあったハンドクリームを顔に塗りたくったところ、なんと翌朝には今までにないほどの改善があったのです。

「もしかしてお金をかけるだけが美肌への道ではないのかもしれない」と思ったのはこの時です。それから徹底的に調べ、片っ端から実行しました。その結果、今までケアアイテムにかけていた費用が何かの冗談のように思えるほどの低予算で、美肌を手に入れることができるようになったのです。外出も苦にならず、それまでのストレスが嘘のように気持ちのいい日々です。

短期間で肌状態が劇的に改善した私を見て、友人たちが興味半分で同じ方法を試してみたところ、ほぼ全員がやはり短期間で普段よりも肌状態が美しくなりました。今ではこの方法を同じように実践している友人も多く、また、全てではないものの、自分に合ういくつかの方法を普段のスキンケアに併用するようになった友人もいます。

あまりにも安価なアイテムばかりですし、方法も大変シンプルなので、最初は半信半疑どころか眉唾と思う人もいるかもしれませんが、スキンケアの費用や時間に悩む人にはぜひ試して欲しい方法を紹介しますね!

ストレスは美肌の大敵!たまには自分を甘やかしちゃおう

リーズナブルで手軽で、そして効果があるスキンケア方法を紹介してきましたが、あなたはこの中で実行できそうなものはありますか?「簡単だから全部やってみよう」ではなく、最初は一通りできそうなものだけを試してみて、自分に合いそうなものを続けていくのも良いと思います。

本当は全てを毎日実行して欲しいくらいなのですが(必ず短期間で効果が出ます!)、でも、今まであなたがやってきた方法と少し違うことがストレスになってしまうかもしれません。ストレスを感じる方法は、いくら良いと分かっていても中々続けられませんよね。

美肌の道は毎日続けることが重要です。無理をしないで続けられる内容であることも重要。ご紹介した方法は全て、慣れれば簡単に毎日できる簡単な内容です。そしてどれをつまみ食いしても、比較的早く効果のある方法でもあります。まずは「できそうなもの」から始めて「ストレスを溜めない」、これが一番重要だと思いませんか?

肌はとても敏感です。あなたがそれほどダメージを受けていないと思っていても、実は知らない間に受けていたストレスが原因で荒れてしまうこともあります。自覚のあるストレスなら尚さらでしょう。キメが荒れたり吹き出物が出たり、乾燥したり。いつも目指している美肌の効果が無為になってしまう!と焦ってしまいそうです。

でもそこで焦らなくても大丈夫。「肌が汚いからすぐ治さなきゃ!すぐ治って!」と思う気持ちは分かります。でも、その「早く!」が新たなストレスになっている可能性がありますよね。肌のトラブルはいずれ治ります。あなたはその方法も知っています。少し時間がかかるようになるかもしれませんが、ストレスに思うくらいなら、少し休んでから治しても良いのではないでしょうか。

ストレスは美肌の大敵です。何よりも忌まわしい怪物のようなもの。現代人の多くは、日々こんなモンスターと戦っているのです。それでは更にストレスも溜まってしまいそうですよね。

もし強いストレスを感じて疲れてしまったら、一回自分を思いきり甘やかしてみましょう。ダイエットだからと言って我慢しているスイーツはありませんか?肌に悪いからと言って大好きなコーヒーを我慢していませんか?夜更かしは肌サイクルに良くないからと言って見たいテレビを我慢していませんか?

いつもというわけにはいきませんが、たまにはこの「我慢」を解除して、ぱーっとストレスを解消することも大事です。刹那的な解消法でしかないと言われそうですが、それでもたまには自分を甘やかすことも必要です。

ストレスが解消されれば悩みだった肌状態も解消される(かもしれない)という、誰にとっても良い結果になる方法です。本当に強いストレスを感じた時、もう肌どころじゃない……と感じる前に、ぜひとも一度「我慢」をやめる瞬間を作ってみましょう。気がつけば、明日からもっと美肌のために頑張ってみよう、と明るく考えられる自分に出会えているかもしれませんよ。

アロマを足して美肌力アップ!精油の底力と使い方

スキンケアに興味を持つと、あれもこれもと色んな方法を試したくなります。しかしどんなにたくさんの方法があっても、自分に合うものは実は一握りかもしれません。もちろん条件にもよりますよね。高級美容品やエステに興味を向ける人、リーズナブルで手軽に自分できる方法に興味を向ける人、様々です。

しかしどんな条件の人でも一度は考え、そして実行しやすいのが「アロマの効果」。アロマオイル(精油)利用して、スキンケアに良い効果を与えよう!というものです。精油は種類によって効能が違うので、多少の知識がいることは確かですが、基本的に(家庭用のスキンケアに使う程度ならば)とても簡単でお手軽です。

最近はアロマテラピーがブームになり、昔に比べると精油が手に入りやすくなっています。専門店ではなくても、近場の雑貨屋さんにお洒落にディスプレイしてあったりしますよね。他にも通販で大きな展開をしているお店もあります。好きな精油を選びやすくなっていますね。

スキンケアに精油を使う場合、多くはハンドメイドの化粧水などにプラスすることになります。精製水200cc+グリセリン小さじ1+尿素50ccで「美肌水」の原液ができますが、ここに精油を足すのも良い方法なんです。たとえば潤いをプラスする効果が強いと言われる精油はゼラニウム。精油の中では安価な方です。少し薔薇に似た香りがするのが特徴です。

このゼラニウムの精油を5滴使います。希釈した美肌水(普段肌に使う濃度)に、精油を加えます。グリセリンが入っているので精油も無事に溶けますが、希釈した倍率によっては溶けずに残ります。その時は使用のたびにシャカシャカ振れば問題ありません。

精油の効果への期待はもちろんですが、アロマのふわりとした良い香りも精神的にリラックスできたり、ほうっと一息つくには良いかもしれません。リラックスは肌にとって大変重要です。そう考えると、効果を重視するのも良いですが、自分が好きでリラックスできる香りをプラスするのも良いかもしれませんね。

精油を使う時に注意して欲しいのは、柑橘系(オレンジやレモンなど)の精油は「肌に使う化粧水には入れてはいけない」ということです。法律で禁じられているわけではありませんが、やめておいた方が無難でしょう。なぜならこれらの精油には「光毒性」というものがあり、日光に当たるとシミのように黒ずんでしまうんです。化粧水に使った場合は確実に肌に使いますから、避けなければいけない精油です。

他にも美肌に良い効能を持つ精油は数え切れません。潤いのゼラニウム、ホルモンバランスを整えるローズ、アンチエイジングが期待できるフランキンセンス。いっそどれを入れたら良いのか迷ってしまいそうです。中にはペパーミントを入れて、職場で眠い時に顔にシューッと一吹きする強者もいるらしいですよ!

他にもお風呂に数滴垂らしたり、普通のキャンドルに垂らして香らせたりと、使い方は美容だけではありません。また、鼻腔から入った「良い香り」は自律神経に作用し、体調を整えたり、それこそ美肌に重要なホルモンバランスを整えたりもするそうです。たかが香り、されど香り。しかもお手軽とあれば、美肌への道のお供にするには充分ではないでしょうか。

やればやるほど乾燥しちゃう!?ローションパックの落とし穴とは

お手軽でいつでもできて、美肌を目指す人なら基本のキと言ってもいいかもしれないほど有名なのがローションパック。ドラッグストアなどで売っているローションパック用のシートを使えばすぐにできてしまいます。頻繁に行う人はしみこませる化粧水を水で薄めて使ってもOK。むしろそれくらいしないと毎日続かないかも?プレ化粧水的な使い方で、精製水を含ませる人もいるそうですよ。

ローションパックもリーズナブルな割には美肌効果の高い、嬉しい方法です。肌のコンディションが悪いかな?と思った時にすぐに対応できますし、ちょっとした裏技を使えばしっかりしたパックにも大変身。

裏技の代表的な例として、シャワーキャップを使った方法があります。ビジネスホテルに泊まった時、アメニティの中に透明のビニール状のシャワーキャップを見たことはありませんか?まさにあれを使っての裏技です。ビジネスホテルに泊まる時には(持ち帰りOKなら)ぜひ持って帰って来ておきましょう。

まず、ローションパック用のシートにいつも通り化粧水を含ませます。そしてこれもいつも通り、顔に乗せましょう。その後にシャワーキャップで顔を覆い(鼻と口のあたりは呼吸確保のために前もって穴を開けておきましょう!)、3分ほど待機します。窒息だけにはご注意を。その後は普通通りにスキンケアをして下さい。肌がふっくらモチモチなのはもちろん、使う化粧水によっては美白効果も期待できますよ。

……と、簡単にディープなケアができるローションパック。実はちょっとした落とし穴があるんです。この落とし穴に気づかない人は、いつの間にか美肌からはほど遠い乾燥の状態に……!潤いを与えるためのローションパックなのに乾燥するなんて!と誰もが驚いてしまいそうですが、きちんとした理由があるんです。

ローションパックに含ませた化粧水は、いわば水分ですね。かなりリッチな美容成分を含んではいますが、その大本は水分です。そして水分は蒸発していくことが常。ローションパック用のシートを肌に長い時間乗せてしまう人は、この蒸発に注意なんです。

ローションパックに含ませた化粧水は時間が経てば当然蒸発していきます。恐ろしいのはこの時、ローションパックに接した肌の水分も一緒に蒸発していってしまうということなんです!これではスキンケアのつもりがただのずぼらな結果になってしまいます。

一番良いのは「時間を守ること」。大方のローションパックは3分~5分が目安です。最初から美容液をしみこませたメーカー品では違うかもしれませんが、リーズナブルに行う自家製のパック(と言っても精製水でも、何と水道水でも良いそうです)ならそれくらいの時間でOK。むしろずっと肌に置き続ける方が悪いので、シートがまだしっとりしているうちに外すことが理想です。

そしてやはり、ローションパックの後は必ず化粧水、クリームでしっかりしたケアをお忘れなく。せっかく肌の奥深くまで浸透した美肌成分が逃げてしまいます。クリームでしっかり蓋をしてあげましょう。

ローションパックはシートも手軽なお値段で、含ませる化粧水もリーズナブルなものでOK。毎日続けてる人の中には水道水を使っている人もいるとのこと。リーズナブルで時間がかからない、まさに理想の美肌方法のひとつです。ぜひ積極的に毎日に取り入れていきたいものですね。

スチームケアはレンジでピッ!お手軽蒸しタオルで美肌をゲット

美肌を目指す人は必ずと言ってもいいほどアイテムがあります。普段は意識しなくても、思い出したら「ああ!欲しい!」と絶対にもだえてしまうはず。私も何度もだえたか知れません。

それほど欲しがるアイテム、それはスチーマー。美顔器のひとつですね。家電の量販店や、今はドラッグストアにも売っています。通販でも目玉商品にされるほど、美肌を求める女性には欠かせないアイテムです。

働きは単純でいて効果大。発生させた温かい湯気(スチーム)で顔を蒸らし、毛穴を開いて肌の奥までスチームによって潤いを運びます。スチームの粒は普通の水滴よりもとても細かく、開いた毛穴から入り込んだ後は、通常の水分では届かないほど奥まで達すると言われています。これによって肌がふっくら、モチモチになって、その後のスキンケアが抜群にはかどるんです。

また、毛穴や角質の汚れ掃除にも最適です。肌の調子が悪くなってきた、毛穴が汚れてきた……と思ったら、スチームで綺麗にすることができます。スチームで開いた毛穴をマッサージするように洗えばとても綺麗になりますよ。

このスチーマー、美肌を目指す人にとっては必須とも言えます。必ず持っているべき。私はあまり「べき」という言葉は好きではないのですが、しかしスチーマーに関しては「持っているべき」!と激しく主張したいほどです!毎日数分ミストを顔に当てるだけ、後は通常のスキンケアと一緒でも明らかに美肌への道を進めるアイテムなんです。

しかし中にはドラッグストアに売っているとはいえ、このブログが「ドラッグストアでも買えるくらいのお値段のアイテム」メインで紹介しているとはいえ、……これはちょっと桁が違うでしょう。そういえば今まで紹介したのは精々数百円で済むアイテムばかりだったような……。そう、スチーム以外のスキンケアなら本当にそれで充分なんです。

しかし「リーズナブル、手軽」をモットーにしている以上、宝くじにでも当たらない限りはスチーマーの購入は見合わせたくなってしまいます。値段も安いものから高いものまでありますが、機械は実際に動かしてみないと分からないので、安すぎても不安です。かといって高い機械もお財布とのバランスが……。

そんな時に役に立つ、「ちょっと工夫すればあっという間にスチーマーと同じ効果に!」の方法。スチーマーを開発した人に眉をひそめられそうなほど簡単です。用意するのものは電子レンジ、フェイスタオル。

まずフェイスタオルを水に濡らします。そして電子レンジに入れてピッと温めボタンを押したら1分待つだけ!1分後にはほかほかの蒸しタオルのできあがりです。そう、この蒸しタオルをスチーマーの代わりに使うのです。蒸気によって毛穴を開き、中に潤いを届かせるのはスチーマーも蒸しタオルも原理は同じ。スチーマーほど細かい水滴は期待できませんが、それでも充分にふっくら、モチモチした感触を味わえます。

ただ、ここで注意しなければならないのは「時間」」です。実はスチーマーのそうなのですが、使用時間を規定以上に長くしてしまうと、逆に乾燥してしまうという恐ろしい結果になります。蒸しタオルなら30秒ほど乗せておけば充分。タオルが冷えてしまうとこれも乾燥の原因になりますので、「せっかく蒸しタオルを作ったのに」とがっかりせず、30秒でぱぱっと取ってしまいましょう。

個人差はありますが、わずか30秒で毛穴が開き、化粧水などの美容成分を受け入れやすい状態になっています。蒸しタオルを外したらすぐにいつも通りのスキンケアをしてみましょう。次の日の朝、かなり感触が変わっていますよ!