お風呂上がりに1秒!化粧水を顔にスプレーするだけで乾燥知らず

美肌への道は保湿の道、乾燥は最大の敵。本気で美肌を目指している人は乾燥を敵だと見なしているはずです。もちろん私もです!乾燥して良いことは滅多にありません。肌に良いことはひとつもありません。どんな時でも保湿を気にしておいた方が、理想通りの美肌に近づきやすくなります。出先で乾燥を感じたら携帯用ボトルで化粧水をつけることもできますし、その化粧水も美肌水などにしておけばとってもリーズナブル。

オフィスでもあれこれ、家の中でもあれこれ工夫したり、気づき次第保湿をしたりと、美肌を目指す女性は抜かりありません。乾燥という敵が見えた瞬間に対策を練るのです。慣れてくればルーチンワークのようになるほどです。

しかし家の中で見落としがちな「乾燥してしまう場所」、どこか知っていますか?むしろ「家の中で乾燥することなんてあるの?」と思った人もいるでしょう。意外や意外、乾燥なんて縁がなさそうな場所。何と「バスルーム」です。

あんなに湯気が出ている場所でどうして乾燥するの!?するわけないじゃない!と怒られてしまいそうですが、実際乾燥してしまうんです。正確に言えば、その乾燥を感じるのはお風呂を出た瞬間でしょう。バスルームから一歩出た途端に「あっ、肌が突っ張ってる!」と思うことはありませんか?これは確実に乾燥です。

お風呂に入った時に乾燥する理由はいくつかありますが、美肌を目指す人が陥りがちなミスのひとつとして、「半身浴のやりすぎ」が挙げられます。半身浴と言えばデトックスの王道。お肌にデトックスは必須ですから、ついつい長く入ってしまうのも分かります。デトックス以外にもお気に入りの本を読んだり音楽を聴いたり、重要なリラックスの場でもありますよね。

しかし、これが大変な落とし穴になってしまいます。長く半身浴をすることによって発汗し、思った以上の水分がお肌からも流れ出てしまっているんです!また、長い半身浴の後に身体を洗うと、すっかりふやけてしまった身体の表面にある、保湿能力を持つ角質(セラミド)も流されてしまうんです。このセラミドが少ないと保湿がうまくいかず、乾燥に悩むことになってしまいます。身体を洗うなら半身浴の前にしましょう。

お肌に効果的な半身浴の仕方は、まず42℃以上のお湯には浸からないこと。その温度だとセラミドの成分を壊してしまうんだそうです。ベストな温度は38℃と言われています。しかし38℃でも長風呂をすると大量の汗をかいてしまいます。じっくり長く浸かりたい人は体温と同じくらいの温度が良いでしょう。

平熱が36度台の人は、湯温も36℃が良いそうです。ほんのり汗がにじみますが、大量に流れることもなく、しかし身体は芯まで温まります。汗が出なくても代謝が良くなりますので、老廃物はトイレで排出されやすくなりますよ。ご自分の平熱に合わせて湯温を調節することをオススメします。

半身浴や入浴を極端に長くする人もいますが(趣味なら仕方ないのですが……)、基本は10分から15分。意外なことにそれほど長い時間を必要としないんです。これくらいの時間で代謝が良くなりますし、美肌にも効果的。乾燥してしまっては元も子もないですからね!

そして最も需要なこと。半身浴の話ばかりになってしまいましたが、一番のポイントはこれです!「お風呂上がりに身体を拭く前に、顔にだけでも化粧水をシュッと一吹き!」これで湯上がり後の乾燥が劇的に違います。

次のケアまでのつなぎですが、やるとやらないとでは大違いですよ。メインで使っている化粧水でなく、プレ化粧水でも充分ですので、少しスプレーボトルに分けてお風呂場においておいてはどうでしょうか?