必見の裏技!ファンデに少し混ぜるだけ!一日潤う驚きのアイテム

朝晩のスキンケアで状態が改善しても、一日乾燥したオフィスや紫外線で、結局帰りまでにはまた肌状態が低下してしまってげんなり……なんていうのも皆さん経験済みなのではないでしょうか。朝はばっちり決めたメイクでも、オフィスで午前中も半ばも過ぎれば何となく乾燥してくるし、目尻や口元にイヤ~な線が……!

これでは世の女性がメイク直しに必死になるのも当然です。殿方には理解できないのが女心と言うもの。いえ、理解されすぎちゃってもちょっと怖いですが……。しかし理解できないからこそ文句を言うのは男心?でしょうか。女性にとってもメイク直しは面倒ですし、時間が取られるもの。できるだけ崩れることなく、崩れたとしても簡単に直せるレベルのものがいいですよね。

メイクが崩れる原因って何だと思いますか?そう、乾燥です。鼻の頭が皮脂でべたべたになってしまうのも、目尻や口元のしわも、実は乾燥のせいだってご存じでしたか?この乾燥が最低限に抑えられればメイク崩れなんて怖くありません。

メイク崩れを防ぐ方法は朝のお化粧の段階から始まります。洗顔、基本のスキンケアをしてからメイクを始めますよね?まずは化粧下地からですね。この化粧下地の後にファンデーションを載せればベースメイクがほぼ完成。メイク崩れ防止のケアはこの時です。

リキッドファンデーションの人は、化粧下地を塗った後、ほんの少しのスキンケアクリーム(毎日使っているものでいいですよ!)をリキッドファンデーションに混ぜていつも通りにメイクしましょう。この時、スキンケアクリームの量が多すぎると逆にべたべたしてしまって、メイク崩れの原因になりますから気をつけて!

パウダーファンデーションの人もそのまま混ぜてしまって大丈夫です。BBクリームのようなテクスチャになりますので、指先でそのまま使いましょう。BBクリーム状態なら気になるシミやくすみも隠しやすいので、これは一石二鳥かもしれませんね。ただしこちらもクリームの分量には気をつけて下さいね!

たかがこれだけ?と思われそうですが、そう、本当にたかがこれだけ。これで一日、不愉快なあのつっぱり感や、お手洗いで鏡を見た時に絶望したくなるような毛穴落ちもメイク崩れも軽減されます。スキンケアクリームの成分で潤いが保たれたまま、美容クリームとしての皮脂コントロールの働きもばっちりです。人によっては「帰りまでメイク直ししなくても大丈夫かも」なんて言ってしまう強者まで!

見方を変えれば「メイクしながらスキンケアしている」ということ。この効果は一日を終えて家に帰り、メイクを落とした時に強く実感するかもしれません。メイクを落とし、綺麗に洗い終えてから鏡を見て下さい。きっとびっくりしますよ。何しろ「肌が疲れてない」!

メイクをすれば必ず肌に疲れは出るものです。健康な肌だって、毛穴をふさがれて苦しい思いをするわけですし、自然ではないものがごってり乗っているわけですから。しかしこの、「ファンデーションにスキンケアクリームをほんの少し混ぜる」というひと手間だけで、肌にとっては一日中心強い援軍になるんです。

メイクと一緒にスキンケア、欲張りなことがほんの一瞬でできてしまうのがこの方法の良いところ。毎日使っているクリームで充分ですが、もちろん他のクリームでも大丈夫ですよ。お好みによって使い分けで下さいね。

そうそう、ひとつだけ注意が。ファンデーションにクリームを混ぜる時、量が多すぎると色が白っぽくなってしまいます!気がついたらホラー映画に出られそうなメイクだった……なんてことにならないように、調節はご注意を!