究極の節約!シンプルだけど効果抜群、ハンドメイドの化粧水

プレ化粧水、メイン化粧水、どんな商品を使うかは人それぞれです。目的も違いますよね。プレ化粧水はまず、化粧水の成分を受け入れるために肌に準備をさせるもの。メイン化粧水はそれぞれの肌状態に必要な成分を取り入れるためのもの。この化粧水、どんなに節約しようと思っても、中々難しいのが実情です。

思い切った節約の方法に、「化粧水を手作りしてしまう」という選択肢があります。手作りコスメは一部の人の間では当然のように使われていますが、知らない人は本当に知らないし、効果にも疑問を感じてしまいますよね。しかしこれから紹介する化粧水「美肌水」は、半信半疑で作ってみた私や友人が今や手放せなくなっているほどの効果を発揮してくれました。

まず保湿力が半端じゃない!つけた途端にすーっとしみこんでいく感触は「こんなに乾燥してたの?」と不安になるくらいですが、つけた数分後にはその不安もなくなります。手作りのため、心配しがちな合成剤なども入っていません。敏感肌やアレルギーが出やすい人にもお勧めできます。アトピー肌の人も問題なく使えますよ。

現代女性が乱れがちな肌のターンオーバーも、この美肌水が周期を安定させてくれます。使って三日もするとにっくき角質がやわらかくなり始め、いつの間にか姿を消してしまいます。私はここまで一週間かかりませんでした!また、頑固なシミも(これは個人差があるようですが)少しずつ薄くなっていて驚いています。

成分は大変シンプルです。水(水道水でも可!)、グリセリン、尿素。この3つだけなんです。どれもドラッグストアで手に入る、大変お手軽なアイテムばかり。水道水なんて蛇口をひねれば出てきますよね!水道水のカルキが心配な人は精製水にしても良いでしょう。手慣れた人はこの3つの成分に、お好みの成分を加えることもあります。ヒアルロン酸やコラーゲンが人気のようですよ。

美肌水、ネットやクチコミで知った人たちも、最初は「こんなに簡単でシンプルなのに効き目があるの?」と不安だったそうですが、一度使えばほとんどの人が手放せなくなります。プレ化粧水として使う人もいればメイン化粧水にする人もいますし、スプレーボトルに入れて持ち歩き、ちょっと乾燥したかな?と言う時に顔にシュッと一吹きする人も。身体や髪の毛にも問題なく使えます。

作り方は本当にとっても簡単。水(200ml)、グリセリン(小さじ1杯)、尿素(50g)を清潔な容器(洗って乾燥させたペットボトルでもOK!)に全て入れ、尿素の粒が全て溶けるまでシャカシャカ振るだけ!これで「原液」の出来上がりです。

美肌水はこの「原液」を更に水で希釈して使います。肌に使う場合は10倍が良いとされています。原液は絶対に顔につけないこと!健康な肌の人にも強すぎます!私は念のため、最初は12倍に希釈し、少しずつ濃くし、10倍希釈に落ち着きました。効果としては10倍の希釈が一番合っているようです。これは人それぞれかもしれませんので調節してみて下さいね。顔以外(身体、髪)に使う時は5倍が良いという人が多いようです。

美肌水はクチコミでじわじわと広がり、今では専用のキットも通販で安価で手に入ります。その費用、一年分としても精々1000円というところでしょうか。優秀すぎるコスパの上に保湿力が抜群、美白効果もあるということで、今ではプレ化粧水ではなくメイン化粧水にする人も増えています。使い続けるほどに効果が実感できる、何より手作りですから成分も安心。ぜひ一度試してみて下さい!