がっつりメイクも綺麗に落ちる!保湿しながらメイク落とし

あなたのメイク落としはオイル?それともミルク?はたまたクリームでしょうか?一口にメイク落としと言ってもこれだけの種類がありますし、配合されている成分や効能を見ていくときりがありません。その中から自分に合ったメイク落としを探すのは案外大変ですよね。……誰ですか、メイク落としなんて適当で大丈夫、なんて言っているのは。

メイク落としも肌に合わなかったり、使い道を間違えたりすると、肌を傷めたり乾燥を招く原因になります。適正な使用量を守らずに肌をこすって負担をかけたり、思った以上に皮脂を落としすぎて、洗い流す頃には早速ガサガサになってしまったり。これは「メイク落としだから仕方ない」のではなく、「メイク落としが肌に合っていない」んです!

メイク落としでも、理想は洗い上がった時に乾燥していないこと。しっとりしているかさっぱりしているか、それは個人の好みにもよりますが、とにかくメイクを落としている時でも保湿を気にしておきたいものです。乾燥しないメイク落としを既に愛用していて、予算的にも問題ないと思っている人はそれを使い続けて下さい。

ただ、まだそんなメイク落としに巡り会っていない、良いなと思ったのもあるけどお値段が自分の財布とバランスが悪い……そんな人はテクスチャが緩めのハンドクリームを用意しましょう。ハンドクリームだけではなく、全身用のスキンケアクリームでももちろんOK。ただし「テクスチャが緩め(用は柔らかい)」クリームにして下さい。

クリームはどんな製品でも油分が多く含まれています。油分は汚れと馴染み、浮かせる働きがあることをご存じの人も多いでしょう。そう、メイクをクリームの油分で浮かせて流してしまうんです。朝の洗顔を全身用スキンケアクリームで行っている人は、そのクリームをメイク落としにも流用することができます。一種類で済むので経済的にも安心ですね。

使い方は簡単。普通のメイク落としと同じように顔に置き(量はたっぷり目がオススメです)、指の先でくるくるとマッサージをするように馴染ませていきます。この時、クリームが徐々に浮かせた汚れを吸い取り、色を変えていくのが分かりますよ。軽いアイメイクならこれで落ちることもあります(濃いアイメイクはワセリンを併用して!)。

あとはぬるま湯で丁寧に流しましょう。クリームならではのしっとり感を保ったまま、メイクを落とすことができます。この後、洗顔用のクリームや普段使っている石けん、あるいはメイク落としと同じクリームを使っている人は再びそのクリームで洗顔しましょう。保湿面を考えればやはり一番のオススメはクリームなのですが、そこは好みの問題もありますので、好きなものを使って下さいね。

このクリームでのメイク落とし、本当にそんなに効き目があるのかと疑われそうですが、一度やってみるとやみつきになる落ち具合と保湿度です。保湿はさっぱり系ではなく、かなりのしっとり系になりますが、秋冬はもちろん、夏場でも不愉快にならない種類のしっとりです。適正な水分量が守られている肌触りになるからかもしれません。

この後は化粧水などで保湿します。普通のメイク落としより保湿度が高いため、慌てて化粧水のボトルの前に行く必要もありません。ほんの数秒の余裕ですが、あたふたするよりはゆっくり動ける方が心にもお肌にも余裕があって良いですよね。メイクを落としてさっぱりした後は、ゆっくりスキンケアを楽しみましょう。肌の状態が整ってくると毎日の気分も良くなるものですよ!