ワセリンを徹底活用!②頑固なマスカラ落としに最強効果あり

ワセリンの凄さは実際に使ってみないと分かりにくいものです。よく聞く名前なのに使ったことがない、という人も多いかもしれませんね。特にスキンケアそのものに使うということはあまりないのかもしれませんが、乾燥を防ぐにはとっても優秀なアイテムです。普段は使わなくても万が一の時のために、小さなワセリンをひとつお家に置いておくと良いかもしれません。

ワセリンの効能は乾燥を防ぐことだけではありません。本当に様々な効能があるのですが、スキンケアやメイクに限って紹介するのなら、その最大の効能のひとつとして挙げられるのが「ポイントメイク落とし」。頑固なアイライン、マスカラ、マスカラトップコートにあれもこれも……最近のアイメイクは進化と共に手間が増え、同時に使うアイテムも増えている模様。メイク落としも楽じゃありませんよね。

進化するアイメイクを落とすために、アイメイク専用のリムーバーも多く出ています。しかしこちらはお金がかかるし、場合によっては肌に合わないかも……。こんな時にはワセリンを使ってみましょう。100%天然由来成分のワセリンは肌が弱くてポイントメイク落としを使うことがためらわれる人にも良いアイテムです。

使い方はとっても簡単。適量を指先に取り、がっつり盛ったアイメイクの上に載せます。そして指先でくるくると回しましょう。まつげも優しく(抜けないように)くるくると回してワセリンを馴染ませてあげて下さい。そしてそのまましばらく放置します。この間に他のメイクを落としましょう。オイルでメイクを落とす人はオイルを、クリーム派の人はクリームを使って、アイメイク以外のメイクを落としていきます。

全てのメイクを洗い流す準備ができたら、コットンや柔らかいもの(意外なことですがクッキングペーパーも良い感触です)でワセリンを軽く拭き取りましょう。この時点でぎょっとするほどアイメイクが落ちています。この後は他のメイクと一緒に洗い流しましょう。この時、落ちないからと言ってこすってしまってはまつげが抜けたり瞼が痛んだりしますから、あくまで優しくして下さいね。

他の部分よりも少しべたつくとは思いますが、ぬるま湯で丁寧に落としてあげて下さい。私はかなりの面倒くさがりですので、お風呂に入る前までメイクを落とさず、ワセリンがアイメイク周辺に残っていても気にしないでシャワーで落としてしまいます。これでも大丈夫ですよ。この後に洗顔する人は洗顔をしましょう。私もスキンケアクリームで洗顔してさっぱり、かつしっとりを楽しんでいます。

使用するワセリンの量によっては中々落ちきらないかもしれません。量の見極めは最初のうちは難しいかもしれませんが、そのうち何となく分量が分かるものです。また、落ちきらない部分も経験で分かってきます。私の場合はまつげの付け根に入り込んでしまうと(痛みなどは一切ありませんが)中々落ちなくて最初は苦労しました。今はそれが分かっているので、拭き取りの時に少し重点的に拭くようにしています。

意外なところで意外な使い道があるワセリンですが、このポイントメイク落としに使う利点は他にもあります。とにかく乾燥しないということ。目の周りの乾燥はちりめん皺の原因になります。浅い皺ならケア次第ですぐに復活できますが、一度深い皺になってしまうともう間に合いません。

目の周りの皺はとにかく乾燥が敵。メイク落としの時にも油断できませんよ!……とはいえ、対策は「ワセリンを適量使う」程度のこと。気楽に簡単にできてしまうものです。ワセリンを手に入れたら、一度は試して頂きたい方法です。