お風呂上がりに1秒!化粧水を顔にスプレーするだけで乾燥知らず

美肌への道は保湿の道、乾燥は最大の敵。本気で美肌を目指している人は乾燥を敵だと見なしているはずです。もちろん私もです!乾燥して良いことは滅多にありません。肌に良いことはひとつもありません。どんな時でも保湿を気にしておいた方が、理想通りの美肌に近づきやすくなります。出先で乾燥を感じたら携帯用ボトルで化粧水をつけることもできますし、その化粧水も美肌水などにしておけばとってもリーズナブル。

オフィスでもあれこれ、家の中でもあれこれ工夫したり、気づき次第保湿をしたりと、美肌を目指す女性は抜かりありません。乾燥という敵が見えた瞬間に対策を練るのです。慣れてくればルーチンワークのようになるほどです。

しかし家の中で見落としがちな「乾燥してしまう場所」、どこか知っていますか?むしろ「家の中で乾燥することなんてあるの?」と思った人もいるでしょう。意外や意外、乾燥なんて縁がなさそうな場所。何と「バスルーム」です。

あんなに湯気が出ている場所でどうして乾燥するの!?するわけないじゃない!と怒られてしまいそうですが、実際乾燥してしまうんです。正確に言えば、その乾燥を感じるのはお風呂を出た瞬間でしょう。バスルームから一歩出た途端に「あっ、肌が突っ張ってる!」と思うことはありませんか?これは確実に乾燥です。

お風呂に入った時に乾燥する理由はいくつかありますが、美肌を目指す人が陥りがちなミスのひとつとして、「半身浴のやりすぎ」が挙げられます。半身浴と言えばデトックスの王道。お肌にデトックスは必須ですから、ついつい長く入ってしまうのも分かります。デトックス以外にもお気に入りの本を読んだり音楽を聴いたり、重要なリラックスの場でもありますよね。

しかし、これが大変な落とし穴になってしまいます。長く半身浴をすることによって発汗し、思った以上の水分がお肌からも流れ出てしまっているんです!また、長い半身浴の後に身体を洗うと、すっかりふやけてしまった身体の表面にある、保湿能力を持つ角質(セラミド)も流されてしまうんです。このセラミドが少ないと保湿がうまくいかず、乾燥に悩むことになってしまいます。身体を洗うなら半身浴の前にしましょう。

お肌に効果的な半身浴の仕方は、まず42℃以上のお湯には浸からないこと。その温度だとセラミドの成分を壊してしまうんだそうです。ベストな温度は38℃と言われています。しかし38℃でも長風呂をすると大量の汗をかいてしまいます。じっくり長く浸かりたい人は体温と同じくらいの温度が良いでしょう。

平熱が36度台の人は、湯温も36℃が良いそうです。ほんのり汗がにじみますが、大量に流れることもなく、しかし身体は芯まで温まります。汗が出なくても代謝が良くなりますので、老廃物はトイレで排出されやすくなりますよ。ご自分の平熱に合わせて湯温を調節することをオススメします。

半身浴や入浴を極端に長くする人もいますが(趣味なら仕方ないのですが……)、基本は10分から15分。意外なことにそれほど長い時間を必要としないんです。これくらいの時間で代謝が良くなりますし、美肌にも効果的。乾燥してしまっては元も子もないですからね!

そして最も需要なこと。半身浴の話ばかりになってしまいましたが、一番のポイントはこれです!「お風呂上がりに身体を拭く前に、顔にだけでも化粧水をシュッと一吹き!」これで湯上がり後の乾燥が劇的に違います。

次のケアまでのつなぎですが、やるとやらないとでは大違いですよ。メインで使っている化粧水でなく、プレ化粧水でも充分ですので、少しスプレーボトルに分けてお風呂場においておいてはどうでしょうか?

バスタイムの盲点!髪の洗い方で肌への影響が変わります

美肌になりたくて毎日スキンケアに気を遣っているし、お風呂でも半身浴で代謝を良くして、食べ物にも注意して……。それでもどうしても出てしまう吹き出物に悩んでいる人、いませんか?特に原因不明としてよく聞くのが上半身や顔の横側、うなじなんて言う時もあります。皮膚科で診てもらうほど酷いわけではないけれど、ある日ぽつっと出て赤く腫れてしまったりしていると悲しいですよね。

でも原因はもしかするととっても単純なことかもしれません。吹き出物はよく、内臓の調子が悪かったりストレスが溜まっていると出てくるものだと言われます。思春期の人はまた別かもしれませんが、それは吹き出物ではなくニキビですね。吹き出物なんて呼び方は却下です。

しかしこういった突発的な吹き出物はとても厄介です。サプリメントを飲んだり、中にはお医者さんに相談してお薬を処方してもらったりする人もいるそうです。本当に皮膚や他の病気だったら大変ですから、それは悪いことではありません。

私も一時期、アトピーはかなり好転していた時のこと、突然頬の外側あたりにこんな吹き出物が出てしまいました。すわアトピー再発か!?と怯えたのは一瞬。どう見てもアトピーの形状ではないし、あの独特の痛がゆさもないし……。暴飲暴食をした覚えもなかったので原因は本当に不明でした。

そんな吹き出物が時々出ることに気づき、何だかおかしいな、と思ってやっと皮膚科へ。お医者さんは暇だったのか、じーっくり話を聞いてくれました。そういえば待合室に私以外の患者さんがいなかったので、本当に暇だったのかもしれません。

それはともかく、お医者さんは私の話を聞いてくれた後、妙につまらなそうにおっしゃいました。「それ、シャンプーが皮膚に残っているんだと思うよ。まずはしっかり洗い流すようにして、それでも治まらなかったらまた来なさい」。……そりゃ高いわけではないですけれど、診療費を取ってそれは……と半信半疑、はっきり言えば腹を立てながら家に帰ったのはここだけの話です。

それでも吹き出物は出ていますし、原因も分からないまま。半信半疑とはいえ相手はお医者さんです。半分疑いながら、いつもよりも念入りにシャンプーとトリートメントを落としてみました。特に私はトリートメントの効果を気にするあまり、少し落としきらないでおくことが多かったのです。

結果は「先生のおっしゃる通り!」。念入りにシャンプーやトリートメントを落とすようにしただけで、その吹き出物は出なくなりました……。シャンプーやトリートメントの化学成分の残りが原因だったようです。何とも初歩的すぎて唖然としたものです。顔周りだけではなく、たまに首や上半身に出ていた同じような吹き出物も影を潜めるようになってくれました。あの時、先生に向かって「藪医者!」なんて言わなくて本当に良かったです。

それからはお風呂から出る前には念のためにシャワーでじっくり身体を流すので、そのせいか、同じような吹き出物は出なくなりました。何とも初歩的と言えば初歩的ですが、コンディショナーやトリートメントの効果を期待するあまり、少し残しておいてしまう人は多いように思えます。

しかし調べたところ、市販のコンディショナーやしっかり流すことを心からオススメします。トリートメントはしっかり流しても充分な効果があるそうです。私と同じ轍を踏まないように、そして美肌のため、これを読んだ人は改めてしっかり洗い流すようにして下さいね!

お弁当の保冷剤でキメが綺麗に!テレビを見ながら毛穴ケア

美肌は保湿が命!その保湿には色んな重要点がありますが、ちょっと忘れられがちな重要点を考えてみましょう。「肌のキメ(肌理)」、これって気にしてますか?もしかして「もう毛穴が開いちゃってるし……」「肌の調子が悪いからずっとキメなんかよくないし……」なんて思っていませんか?いいえ、これがまたちょっとの工夫で簡単に、そしてもちろんリーズナブルに改善できちゃうんです!

私が知ったのは本当に偶然でした。ある日突然、親知らずが痛くなったんです。慌てて歯医者に電話したものの、予約が一杯なので三時間後に来てくれないかと言われました。先生の手が空いていないのなら仕方ありません。しかしとにかく歯が痛いし、だからって薬はあまり飲みたくないし……。昔ながらの方法で冷やすことにしました。氷嚢がなかったので、お弁当の保冷剤だったのはお見逃しを。

保冷剤はお弁当を冷やすにはそこそこ長い時間使えますが、肌、しかも熱を持った部分を冷やすとそれほど長くは無理です。ひとつにつき20分も持てば良い方でした。しかし痛いものは痛いので、冷凍庫の中から新しい保冷剤を取り出すことに。この時、ちょっと自分の肌を触ったんです。「保冷剤を当てていたところが妙にスベスベしてる……?」

その時はしっかり確認できなかったのですが、無事に親知らずの治療が済んだ後、改めて(今度は痛くありませんでしたが!)試してみました。同じように保冷剤を20分、当てているだけです。そして20分後、鏡を見てびっくり!肌のキメが明らかに細かくなっているじゃないですか~!!最初は信じられなくて、何度も鏡を覗いたものです。でも当てていた方と当てていなかった方を比べれば違いは一目瞭然!

それからはキメを整えたい時にはこの方法を使っています。お弁当の保冷剤を気になる場所に20分当てるだけ。一カ所につき20分でなくても、合計20分から30分ほど、移動しながら冷やしておけば大丈夫です。と言っても20分も30分も毎日やっていられないので、朝のメイク前にほんの5分でも効果は絶大です。私はテレビを見ながらボケーっと冷やしていることが多いです。人に見られたらちょっと笑われそうです。

何もお弁当用の保冷剤でなくても(お弁当を冷やすのに困っちゃうかもしれませんし)、薬局で売っている氷嚢に氷を入れるのももちろんOKです。今はハンディタイプの小さな氷嚢もありますから、好きなことをしながら、ネットサーフィンをしながら、テレビを見ながらだらだらと氷嚢を顔に当てるのはいかがでしょう。

冷やしてキメを整えた後はそのキメをキープするため、いつも通りのスキンケアを必ず行いましょう。ここで忘れてしまうとせっかくの美肌への道がまた遠くなってしまいます!キメが整っている時は肌に最大限のケアをしてあげる絶好のチャンスです。洗顔から始める必要はありません。むしろ洗顔は冷やす前に行っておいて下さい。

冷やした後は化粧水、保湿のクリームなどをすかさず肌に与えましょう。人によってはこの時点で、いつもと吸い込み方が違うと気づくかもしれません。そう、キメが整った肌ほど有効な美容成分が浸透しやすいんです!

また、スチームケアをした後の毛穴の引き締めにも適しています。スチームケアの後の化粧水をしたら、保冷剤や氷嚢で冷やして下さい。するとキュっと引き締まり、収斂化粧水の働きをしてくれます。この後はやはり同じようにスキンケアをしておきましょう。

他の方法に比べるとやや時間がかかってしまいますが、フェイシャルエステや面倒なパックよりは手間もお金もかかりません。しかし効果の程は保証済み!ぜひ試してみて下さいね。

がっつりメイクも綺麗に落ちる!保湿しながらメイク落とし

あなたのメイク落としはオイル?それともミルク?はたまたクリームでしょうか?一口にメイク落としと言ってもこれだけの種類がありますし、配合されている成分や効能を見ていくときりがありません。その中から自分に合ったメイク落としを探すのは案外大変ですよね。……誰ですか、メイク落としなんて適当で大丈夫、なんて言っているのは。

メイク落としも肌に合わなかったり、使い道を間違えたりすると、肌を傷めたり乾燥を招く原因になります。適正な使用量を守らずに肌をこすって負担をかけたり、思った以上に皮脂を落としすぎて、洗い流す頃には早速ガサガサになってしまったり。これは「メイク落としだから仕方ない」のではなく、「メイク落としが肌に合っていない」んです!

メイク落としでも、理想は洗い上がった時に乾燥していないこと。しっとりしているかさっぱりしているか、それは個人の好みにもよりますが、とにかくメイクを落としている時でも保湿を気にしておきたいものです。乾燥しないメイク落としを既に愛用していて、予算的にも問題ないと思っている人はそれを使い続けて下さい。

ただ、まだそんなメイク落としに巡り会っていない、良いなと思ったのもあるけどお値段が自分の財布とバランスが悪い……そんな人はテクスチャが緩めのハンドクリームを用意しましょう。ハンドクリームだけではなく、全身用のスキンケアクリームでももちろんOK。ただし「テクスチャが緩め(用は柔らかい)」クリームにして下さい。

クリームはどんな製品でも油分が多く含まれています。油分は汚れと馴染み、浮かせる働きがあることをご存じの人も多いでしょう。そう、メイクをクリームの油分で浮かせて流してしまうんです。朝の洗顔を全身用スキンケアクリームで行っている人は、そのクリームをメイク落としにも流用することができます。一種類で済むので経済的にも安心ですね。

使い方は簡単。普通のメイク落としと同じように顔に置き(量はたっぷり目がオススメです)、指の先でくるくるとマッサージをするように馴染ませていきます。この時、クリームが徐々に浮かせた汚れを吸い取り、色を変えていくのが分かりますよ。軽いアイメイクならこれで落ちることもあります(濃いアイメイクはワセリンを併用して!)。

あとはぬるま湯で丁寧に流しましょう。クリームならではのしっとり感を保ったまま、メイクを落とすことができます。この後、洗顔用のクリームや普段使っている石けん、あるいはメイク落としと同じクリームを使っている人は再びそのクリームで洗顔しましょう。保湿面を考えればやはり一番のオススメはクリームなのですが、そこは好みの問題もありますので、好きなものを使って下さいね。

このクリームでのメイク落とし、本当にそんなに効き目があるのかと疑われそうですが、一度やってみるとやみつきになる落ち具合と保湿度です。保湿はさっぱり系ではなく、かなりのしっとり系になりますが、秋冬はもちろん、夏場でも不愉快にならない種類のしっとりです。適正な水分量が守られている肌触りになるからかもしれません。

この後は化粧水などで保湿します。普通のメイク落としより保湿度が高いため、慌てて化粧水のボトルの前に行く必要もありません。ほんの数秒の余裕ですが、あたふたするよりはゆっくり動ける方が心にもお肌にも余裕があって良いですよね。メイクを落としてさっぱりした後は、ゆっくりスキンケアを楽しみましょう。肌の状態が整ってくると毎日の気分も良くなるものですよ!