スチームケアはレンジでピッ!お手軽蒸しタオルで美肌をゲット

美肌を目指す人は必ずと言ってもいいほどアイテムがあります。普段は意識しなくても、思い出したら「ああ!欲しい!」と絶対にもだえてしまうはず。私も何度もだえたか知れません。

それほど欲しがるアイテム、それはスチーマー。美顔器のひとつですね。家電の量販店や、今はドラッグストアにも売っています。通販でも目玉商品にされるほど、美肌を求める女性には欠かせないアイテムです。

働きは単純でいて効果大。発生させた温かい湯気(スチーム)で顔を蒸らし、毛穴を開いて肌の奥までスチームによって潤いを運びます。スチームの粒は普通の水滴よりもとても細かく、開いた毛穴から入り込んだ後は、通常の水分では届かないほど奥まで達すると言われています。これによって肌がふっくら、モチモチになって、その後のスキンケアが抜群にはかどるんです。

また、毛穴や角質の汚れ掃除にも最適です。肌の調子が悪くなってきた、毛穴が汚れてきた……と思ったら、スチームで綺麗にすることができます。スチームで開いた毛穴をマッサージするように洗えばとても綺麗になりますよ。

このスチーマー、美肌を目指す人にとっては必須とも言えます。必ず持っているべき。私はあまり「べき」という言葉は好きではないのですが、しかしスチーマーに関しては「持っているべき」!と激しく主張したいほどです!毎日数分ミストを顔に当てるだけ、後は通常のスキンケアと一緒でも明らかに美肌への道を進めるアイテムなんです。

しかし中にはドラッグストアに売っているとはいえ、このブログが「ドラッグストアでも買えるくらいのお値段のアイテム」メインで紹介しているとはいえ、……これはちょっと桁が違うでしょう。そういえば今まで紹介したのは精々数百円で済むアイテムばかりだったような……。そう、スチーム以外のスキンケアなら本当にそれで充分なんです。

しかし「リーズナブル、手軽」をモットーにしている以上、宝くじにでも当たらない限りはスチーマーの購入は見合わせたくなってしまいます。値段も安いものから高いものまでありますが、機械は実際に動かしてみないと分からないので、安すぎても不安です。かといって高い機械もお財布とのバランスが……。

そんな時に役に立つ、「ちょっと工夫すればあっという間にスチーマーと同じ効果に!」の方法。スチーマーを開発した人に眉をひそめられそうなほど簡単です。用意するのものは電子レンジ、フェイスタオル。

まずフェイスタオルを水に濡らします。そして電子レンジに入れてピッと温めボタンを押したら1分待つだけ!1分後にはほかほかの蒸しタオルのできあがりです。そう、この蒸しタオルをスチーマーの代わりに使うのです。蒸気によって毛穴を開き、中に潤いを届かせるのはスチーマーも蒸しタオルも原理は同じ。スチーマーほど細かい水滴は期待できませんが、それでも充分にふっくら、モチモチした感触を味わえます。

ただ、ここで注意しなければならないのは「時間」」です。実はスチーマーのそうなのですが、使用時間を規定以上に長くしてしまうと、逆に乾燥してしまうという恐ろしい結果になります。蒸しタオルなら30秒ほど乗せておけば充分。タオルが冷えてしまうとこれも乾燥の原因になりますので、「せっかく蒸しタオルを作ったのに」とがっかりせず、30秒でぱぱっと取ってしまいましょう。

個人差はありますが、わずか30秒で毛穴が開き、化粧水などの美容成分を受け入れやすい状態になっています。蒸しタオルを外したらすぐにいつも通りのスキンケアをしてみましょう。次の日の朝、かなり感触が変わっていますよ!